• 医師募集
  • 非常勤医師募集
  • 研修医募集
  • 看護師募集
  • 佐賀県感染症情報センター
  • 健康診断・人間ドックのご案内
  • 新武雄病院facebookページ
  • 新武雄病院インフォメーションMOVIE
  • 医療搬送用ヘリコプター「ホワイトバード」
  • 回復期リハビリテーション.net
  • 最新版Adobe Readerダウンロード(無償)

理念・基本方針

理念

「手には技術、頭には知識、患者様には愛を」

基本方針

高度医療
学問的に、技術的に高い水準の医療を提供します。
そのために必要な施設・設備の整備拡充に努めます。
チーム医療
患者様の目線に立った安全で安心できるチーム医療を提供すべく、 急性期医療から、早期リハビリ、退院支援までニーズに沿った医療を提供します。
地域医療
いつでも誰でも安心して利用できる、救急医療に重点を置いた 地域の中核病院を目指し、地域の医療施設・福祉施設と密接な連携を推進します。

患者様の権利と義務

1.平等な治療を受ける権利があります。
患者様は、その社会的経済的地位、国籍、人種、宗教、年齢、病気の種類によって差別されずに、平等な治療を受ける権利を持っています。
2.治療を自己決定できる権利があります。
患者様は、医師による明確でわかりやすい言葉で十分な説明を受けた後で、治療を受ける権利、あるいは治療を受けることを拒む権利があります。
3.情報を知る権利があります。
患者様は、医師による診断・治療、または変わり得る治療方法・予後、今後予測される問題に関して知る権利、また、御自身の診療記録の開示を求める権利があります。
4.セカンドピニオンを受ける権利とプライバシーが守られる権利があります。
患者様は、自分の医療内容に対して、医師と共同して選択する権利、他の医師からの意見・相談を得る権利、いかなる場合であっても人格的に扱われ、患者様自身の診療に関する全てのプライバシーに関して、万全の配慮を受ける権利を持っています。
5.相談する権利があります。
患者様は、十分な情報を得、利用可能な財政的支援について相談する権利を持っています。
6.良質な医療を速やかに受ける権利があります。
患者様は、効果的医療行為を速やかに行われることを要求する権利、継続的に支持、検討された質の高い医療を受ける権利を持っています。
7.積極的に医療に参加する権利と協力する義務があります。
より良い医療を受けられるよう医療従事者と協力し、積極的に医療に参加する権利と他の患者様や医療従事者に支障を与えないよう配慮していただく義務があります。

作成 平成22年2月1日
改訂 平成25年2月1日

新武雄病院臨床倫理方針

1. 新武雄病院の職員は次の諸指針等を尊重していきます。
  ヘルシンキ宣言、WMAジュネーブ宣言、患者の権利に関するWMAリスボン宣言、各種倫理綱領
2. 治療及び検査方法などについて、十分な説明を行い患者様の自己決定権を尊重します。
3. 国や学会等で定めた関係法令やガイドラインを遵守して医療を行います。
4. 患者様の生命の尊厳、人権及び医療行為の妥当性に関する問題については、複数の職種が倫理委員会や
  各種カンファランスで審議を行い、方針を決定します。
5. 医学的臨床研究などの実施に当たっては、倫理委員会などで十分な検討を行い同意を得た上で実施します

1) 宗教上の理由による輸血拒否
「宗教的輸血拒否に関するガイドライン」に基づき対処します。
2) 臓器移植・提供
当院では臓器移植は行いません。また当院からの積極的な臓器提供は行いません。
但し、患者様がドナーカードを提示し臓器提供意思を表示された場合、または、ご家族様より臓器提供の申し出があった場合は(社)日本臓器移植ネットワークと連携し適切に対応します。
3) 脳死判定
当院は脳死判定を行う際に必要とされる基準を満たしておりませんので脳死判定は行いません。
従いまして脳死下での臓器提供は行いません。
4) 終末期医療について
終末期と判断した場合は、患者様の意思を確認し最大限尊重します。
終末期において患者様の意思が確認できない場合は、以下の事項を確認し医療チームとして患者様に最善の対応をします。
家族などから患者様の意思が推定される場合は、推定意思を尊重し家族などに説明と同意を行います。
家族などから患者様の意思が推定できない場合は、家族などの意思を尊重します。
身元不詳などの理由により家族などと接触できない場合は、医療チームとして慎重に判断します。
5) 悪性腫瘍の告知について
患者様の権利と義務により、原則として悪性腫瘍の告知を行います。
6) この他に生命の尊厳に関わる問題、医療行為の妥当性に関する問題等などの事例が発生した場合にはその都度、倫理委員会を開催し、充分に審査し最良の方針を決定します。


【参考資料】
「宗教的輸血拒否に関するガイドライン」(宗教的輸血拒否に関する合同委員会)
「臓器の移植に関する法律」の運用に関する指針(ガイドライン)」(厚生労働省)
日本救急医学会「救急医療における終末期医療に関する提言(ガイドライン)」

最終更新日
平成26年2月3日 新武雄病院 倫理委員会にて審議・承認

病院概要

病院概要

設立
平成22年2月
敷地面積 14,508.35㎡
建築面積 3,599.87㎡
建築延床面積 15,230.22㎡
病院建物 地上8階建+ヘリポート
許可病床数 195床(内ICU 4床、HCU 12床 回復期 54床)
名称 一般社団法人 巨樹の会 新武雄病院
所在地 〒843-0024佐賀県武雄市武雄町大字富岡12628番地
電話 0954-23-3111(代表)

診療科目

内科
外科
肛門外科
整形外科 リウマチ科 呼吸器内科
呼吸器外科 消化器内科 脳神経外科
脊髄脊椎外科 循環器内科 泌尿器科(人工透析)
形成外科 耳鼻咽喉科 救急科
リハビリテーション科 麻酔科 放射線科

診療受付

時間区分
受付時間
診療時間
専門外来(午前) 8:30~11:30 9:00~12:00
午後外来(午後) 14:00~16:30 14:00~17:00

※但し、急患の場合はいつでもただちに診察致します。

医療機能の特色

地域の皆様の命と健康を守り、信頼される医療機関として医療・保健・福祉の相互連携を図り、医療需要に対応した病院運営を行います。

◆病診連携の推進
 地域の医療機関との緊密な連携体制を推進します。

施設基準

  • DPC対象病院(2014.4.1指定)
【基本診療料】(2021.1.1現在)
  • 一般病棟入院基本料(急性期一般入院料1)(7対1入院基本料)
  • 回復期リハビリテーション病棟入院料1(体制強化加算1)
  • 急性期看護補助体制加算 25対1(看護補助者5割以上)
  • 看護職員夜間配置加算(12対1配置加算2)
  • 超急性期脳卒中加算
  • 診療録管理体制加算1
  • 重症者等療養環境特別加算
  • 特定集中治療室管理料3(早期離床・リハビリテーション加算)
  • ハイケアユニット入院医療管理料1
  • 医師事務作業補助体制加算1 20対1
  • 医療安全対策加算1
  • 入退院支援加算1(入院時支援加算)
  • データ提出加算2及び4ロ(200床未満)
  • 患者サポート体制充実加算
  • 療養環境加算
  • 精神疾患診療体制加算
  • 感染防止対策加算2
  • 後発医薬品使用体制加算1
  • 病棟薬剤業務実施加算1
  • 救急医療管理加算
  • 認知症ケア加算3
【特掲診療料】(2021.1.1現在)
  • 救急搬送看護体制加算1
  • 薬剤管理指導料
  • 外来化学療法加算2
  • 医療機器安全管理料1
  • 人工腎臓(慢性維持透析を行った場合1)
  • 透析液水質確保加算及び慢性維持透析濾過加算
  • 検体検査管理加算(Ⅲ)
  • CT撮影及びMRI撮影
  • 画像診断管理加算1
  • 画像診断管理加算2
  • CT透視下気管支鏡加算
  • 冠動脈CT撮影加算
  • 心臓MRI撮影加算
  • 集団コミュニケーション療法料
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)(初期加算)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)(初期加算)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)(初期加算)
  • がん患者リハビリテーション料
  • 麻酔管理料(Ⅰ)
  • ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
  • 大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
  • 医科点数表第2章第10部手術の通則5及び6に掲げる手術
    • 頭蓋内腫瘤摘出術等
    • 靭帯断裂形成手術等
    • 水頭症手術等
    • 人工関節置換術等
  • 医科点数表第2章第10部手術の通則16に掲げる手術(胃瘻造設術)
  • 人工肛門・人工膀胱造設前処置加算
  • 脊髄刺激装置植込術及び脊髄刺激装置交換術
  • がん治療連携指導料
     (佐賀大学医学部附属病院・佐賀県医療センター好生館)
  • 無菌製剤処理料
  • 保険医療機関間の連携による病理診断(福岡和白病院)
  • 医療機関間の連携におけるデジタル病理画像による術中迅速細胞診
  • 医療機関間の連携におけるデジタル病理画像による術中迅速病理組織標本作成
  • 検査・画像情報提供加算及び電子的診療情報評価料
【入院時食事療養・入院時生活療養費】(2019.6.1現在)
  • 入院時食事療養費(Ⅰ)、同特別食加算及び食堂加算

学会施設認定等

  • 基幹型臨床研修指定病院
  • 日本呼吸器学会認定関連施設
  • 日本循環器学会認定循環器専門医研修関連施設
  • 日本脳神経外科学会研修施設
  • 日本整形外科学会研修施設
  • 日本外科学会外科専門医制度関連施設
  • 日本脊髄外科学会訓練施設
  • 日本麻酔科学会認定施設

指定医療等

  • 保険医療機関指定
  • 被爆者一般疾病指定医療機関
  • 結核指定医療機関
  • 生活保護法指定医療機関
  • 労災保険指定医療機関
  • 労災保険二次健診等給付指定医療機関
  • 救急告示病院
  • 自立支援指定医療機関(育成医療・更生医療)心臓脈管外科に関する医療 腎臓に関する医療
  • 介護予防訪問リハビリテーション

病院沿革

平成22年2月
武雄市立武雄市民病院から運営委譲され「社団法人 巨樹の会 新武雄病院」として開設
救急病院告示
臨床研修病院(協力型)指定
同病院開設許可135床(一般85床 ICU8床 回復期42床)
平成22年4月
DPC準備病院届出
平成22年5月
血管造影室装置更新
平成22年8月
64列MDCT更新
平成22年10月
PCPS(経皮的心肺補助装置)導入
平成23年1月
臨床化学自動分析装置更新
平成23年2月
救急車導入
平成23年3月
職員寮(レモングラス)運用開始
平成23年5月
1.5テスラMRI導入
病床種別変更回復期42床取り下げ(一般127床、ICU8床)
平成23年6月
武雄町富岡11083番地から武雄町富岡12628番地へ新築移転
救急病院告示
臨床研修病院(協力型)指定
電子カルテ稼働開始、フィルムレス、動画サーバー運用開始
開設許可135床(一般127床、ICU8床)
呼吸器外科開設
MRI2台体制稼働開始
平成23年7月
ICU病床数変更(8床→10床)(一般117床 ICU10床 HCU8床)
平成23年8月
ICU病床数変更(10床→12床)(一般115床 ICU12床 HCU8床)
平成23年11月
ICU病床数変更(12床→14床)(一般113床 ICU14床 HCU8床)
平成23年12月
診療項目 麻酔科開設
平成24年1月
健診室改修
平成24年4月
無料低額診療事業開始
平成24年6月
ICU病床数変更(14床→16床)(一般111床 ICU16床 HCU8床)
平成24年9月
臨床研修病院(基幹型)指定
平成25年4月
法人名 一般社団法人 巨樹の会 新武雄病院へ名称変更
診療科目 肛門外科開設
臨床研修医 第一期生 2名採用
平成25年5月
個人用透析装置導入
内視鏡システム導入
健診室改装
3D画像参照システム導入
平成25年6月
病床種別変更(一般111床→119床、HCU取り下げ)(一般119床、ICU16床)
平成25年7月
巨樹の会本部移転(山口県下関市→佐賀県武雄市)
平成26年3月
ポータブルエックス線装置追加導入
平成26年4月
診療科目取り下げ(麻酔科)
DPC対象病院指定
臨床研修医 第二期生 2名採用
平成26年10月
病床種別変更(ICU 16床→0、HCU 0→16床)
平成27年2月
病床種別変更(ICU 0→4床、HCU 16床→12床)(一般119床、ICU4床、HCU12床)
平成27年4月
臨床研修医 第三期生 3名採用
平成27年8月
日本病院機能評価機構 一般病院2 認定
平成27年12月
診療科目追加(麻酔科)
平成28年4月
臨床研修医 第四期生 4名採用
平成29年4月
臨床研修医 第五期生 5名採用
平成29年8月
大町病院より 60床移譲
病床数変更 135床→195床(一般179床、ICU4床、HCU12床)
平成29年9月
病床種別変更(一般179床→127床、回復期リハビリテーション病棟3 52床)
平成30年2月
管理者変更(西田 憲記→藤田 博正)
平成30年3月
回復期リハビリテーション病棟入院料1届出
平成30年4月
臨床研修医 第六期生 5名採用
平成30年6月
武雄杵藤地区医師会 入会
平成30年7月
回復期リハビリテーション病棟入院料1 体制強化加算1 届出
平成30年9月
外来化学療法室運用開始
平成31年2月
診療科目追加(形成外科、耳鼻咽喉科開設)
平成31年4月
病院群輪番制病院に参加
臨床研修医 第七期生 6名採用
令和1年8月
豪雨災害8/28
令和1年10月
診療科目名称変更(泌尿器科→泌尿器科(人工透析))
人工透析センター開設 5台
外来化学療法室 7階3床 増床
令和1年11月
病床種別変更(一般127床→125床、回復期52床→54床)(一般125床、ICU4床、HCU12床、回復期54床)