平成27年度 新武雄病院 病院指標

(全体の集計方法と定義)

 DPCデータから全国統一の定義と形式に基づいた指標を作成し、市民の皆様に情報公開を進めています。この指標によって、当院の特徴や急性期医療 の現状を理解していただくことを目的としています。
・平成27年度(平成27年4月1日~平成28年3月31日)中に当院を退院した患者様のデータを集計の対象として作成しています。
・自動車賠償責任保険や労災保険、自費等の患者様のデータは含まれません。
・年齢は、入院時点の年齢を基準としています。
・症例数が10未満の場合は、 ‐(ハイフン)で表示しています。

  • DPC(診断群分類別包括制度)とは
     入院患者様の病気とその症状を基に国で定めた1日あたりの定額の点数から入院医療費を計算する制度です。
  • 病院指標とは
     病院の様々な機能や診療の状況などを具体的に数値化し示したものです。病院指標を評価、分析することによって医療の質の向上を図っていきます。
    1. 年齢階級別退院患者数
    2. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
    3. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
    4. 脳梗塞のICD10別患者数等
    5. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
    6. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
    7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
    年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
    年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
    患者数 1 47 86 126 181 368 694 790 814 293
     幅広い年齢層の患者様にご来院いただいています。武雄市も高齢化が進んでいることから、60歳以上の患者様の占める割合が75%を超え、高齢者の方が非常に多く入院されています。最も多い年代は80代、次いで70代、次に60代となっています。
     若年層は急性虫垂炎や急性アルコール中毒、急性腸炎等の急性疾患の患者様が多くなっています。
     
    診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
    脊髄・脊椎外科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K1423 脊椎固定術(後方椎体固定) 88 3.5 17.9 25.0% 66.0 パス
    K1426 脊椎固定術(椎弓形成) 72 3.5 19.2 18.1% 69.6 パス
    K1425 脊椎固定術(椎弓切除) 63 3.3 17.0 14.3% 72.6 パス
     最も多く施行されているのは脊椎固定術(後方椎体固定)となります。この手術は全身麻酔をして、うつぶせの状態で腰部に3~5cm程の皮膚切開を行い、顕微鏡を見ながら神経が入っている管を広げていきます。腰椎すべり症や椎間関節が破壊されている場合、術後に不安定性が起こる可能性が高く固定が必要となり、椎体と呼ばれる背骨を固定する方法をいいます。手術は1~2時間程度で、手術の翌日からコルセットを巻いて歩行でき、術後2週目には退院が可能となります。その他、脊髄脊椎の病気の性質と患者様の年齢、生活スタイルを考えて手術の日程や方法を計画します。前から脊髄の圧迫を取り除いたり、後ろから脊髄の圧迫を全体的に取り除いたりします。脊椎の固定が必要であったり、固定を行わずに治療する場合もあります。初回受診後、脊髄腔の形状・交通性を診断するためのミエログラフィー検査を行い、手術治療方法を決定します。
    整形外科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K0461 骨折観血的手術(大腿) 138 1.3 18.3 69.6% 83.0 パス1 パス2
    K0811 人工骨頭挿入術(股) 60 1.2 18.0 75.0% 83.7 パス
    K0462 骨折観血的手術(前腕) 51 1.9 13.5 13.7% 67.2 パス
     最も多く施行されているのが、メスを入れて皮膚や筋肉を切り、骨折した部分をピンやプレートなどで固定する骨折観血的手術です。大腿部が最も多く全体の約25%を占めています。また、前腕部についても3番目に多く施行されています。
     人工骨頭挿入術は2番目に多く施行されており、折れた骨頭の代わりに人工骨頭を挿入する手術です。
     大腿骨の骨折は手術後のリハビリ目的で近隣の施設へ転院される為、転院率が高くなっています。
    脳神経外科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 39 1.2 11.9 15.4% 77.1 パス
    K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 18 0.8 33.9 27.8% 70.9 パス
    K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) 12 5.8 12.3 8.3% 67.8 パス
     最も多く施行されているのは慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術となります。この手術は、頭皮を3cmくらい直線で切開し頭蓋骨に約1cmの穴をあけます(穿頭と言います)さらに脳を覆っている硬膜という膜を切開し、結集を覆っている膜を破ると血腫が流出してきますがそこから細いチューブを挿入する手術をいいます。
    これに続き、くも膜下出血の際に施行される脳動脈瘤頚部クリッピング術が多く施行されています。これは、全身麻酔をし頭蓋骨の一部をはずし脳と脳の隙間を分けて脳動脈瘤を露出し金属性のクリップをかけて脳動脈瘤内へ流れる血流を遮断し、再出血を予防する治療方法です。
     また、動脈血栓内膜摘出術(内頚動脈)も多く施行されています。

    外科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 37 3.1 5.4 2.7% 59.6 パス
    K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 29 1.7 1.9 0% 66.1
    K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 18 1.2 4.1 0% 64.6
     最も多く施行されているのが腹腔鏡下胆嚢摘出術で、腹部に3か所の穴をあけ、その穴から内視鏡や手術鉗子を挿入し、胆嚢を摘出する方法です。この方法は、傷が小さく術後の痛みが少ないので回復が早いことが利点とされています。3番目に多い腹腔鏡的鼠径ヘルニア手術は主に計画的に手術が行われているため術前日数が短くなっております。腹腔鏡下虫垂切除術、内視鏡的胆道ステント留置術、小腸切除術も多く施行されています。
    肛門外科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K7434 痔核手術(脱肛を含む)(根治手術) 38 0.1 3.0 0% 56.4 パス
    K7432 痔核手術(脱肛を含む)(硬化療法(四段階注射法)) 14 0.1 3.0 0% 54.7 パス
    K7462 痔瘻根治手術(複雑) 12 0.1 3.1 0% 53.9
     最も多い症例は、内痔核の手術、続いて痔瘻の手術となっています。ほとんどの患者様が手術目的入院の為、平均術前日数が短くなっています。
    消化器内科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 102 0.0 1.1 0.1% 63.0 パス
    K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2cm未満) 49 0.0 1.1 3.2% 62.8 パス
    K654 内視鏡的消化管止血術 11 0.1 9.3 10.0% 68.2
     消化器内科では結腸ポリープに対して施行される内視鏡的結腸ポリープ切除術が最も多くなっています。
    この手術は肛門より内視鏡を挿入し結腸内のポリープなどを切除し顕微鏡による組織学的検査に提出します。
    また、この手術はポリープの部位や大きさによって分類されており、次に多い大腸ポリープ切除術と合わせると全体の約85%を占めています。
    3番目に多いのは急性出血性胃潰瘍等に施行される内視鏡的消化管止血術が多くなっています。
    診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
    脊髄・脊椎外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(腰部骨盤、不安定椎)(手術なし) 97 2.1 3.1 0% 68.8 パス
    070341xx99xx0x 脊柱管狭窄(頸部)(手術なし) 87 2.1 6.7 1.1% 67.0 パス
    07034xxx97xxxx 脊柱管狭窄(胸部・その他)(手術[椎弓形成,椎弓切除]あり) 83 22.0 25.3 16.9% 72.1 パス1 パス2
     初回受診後、脊髄腔の形状・交通性を診断するためのミエログラフィー検査入院を行い、手術治療方法を決定します。
     この指標からは読み取れませんが、佐賀県内だけでなく県外からの患者さんも多く受診されています。 詳細な手術実績等につきましては、「診療科のご案内」をご覧ください。
    整形外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折(手術あり) 169 20.1 28.7 76.3% 83.6 パス1 パス2 パス3
    160760xx97xx0x 前腕の骨折(手術あり、副傷病なし) 46 9.2 5.7 0% 66.3 パス
    070230xx01xxxx 膝関節症(手術[人工関節置換術]あり) 26 36.7 27.2 15.4% 73.7 パス
     大腿骨骨折が最も多くこれに続き前腕の骨折が多く見られます。これらに対しては骨接合術が施行されます。また、3番目に多くみられるのは変形性膝関節症となっています。これに対し人工関節挿入術が施行されます。
    脳神経外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満、手術・処置等なし) 61 16.1 15.8 27.9% 77.1 パス
    160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷(手術あり) 36 13.8 10.0 8.3% 74.9
    010230xx99x00x てんかん(手術・処置等なし) 31 9.2 7.0 6.5% 67.3
     最も多いのは脳梗塞です。脳梗塞は、脳に血液を送る血管に血栓がつまったり、流れが悪くなったりしてその先の脳細胞が壊死して意識障害や運動麻痺、失語症などの局所症状を起こすものです。高血圧や糖尿病、脂質異常症、喫煙が四大危険因子と言われており、その他肥満や運動不足も原因とされています。
     これに続き頭部打撲などの頭蓋・頭蓋内損傷、てんかんが多くなっています。当院は救急病院であり、救急患者を診療科にかかわらず診療することが多いことや、内科診療科が少ないため外科診療科で内科疾患を多くフォローしているため、 外科診療科に内科疾患が多く含まれています。
    呼吸器外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    040080x099x0xx 肺炎(15歳以上、手術・処置等なし) 20 16.3 15.0 20.0% 84.0
    040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍(手術あり) 18 21.9 13.4 0% 69.8
    040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍(手術なし) - - 15.0 - -
     最も多いのは肺炎です。これに続き肺がんが多くなっています。この中でも左上葉や右下葉、左下葉にできる癌が多く見られます。肺がんの疑われる方に対し、レントゲン等の画像診断、細胞診、気管支鏡等の検査を行います。必要に応じて、PET検査の出来る病院への紹介も行っております。肺がんの治療としては肺悪性腫瘍手術等の手術を施行後、化学療法等を施行します。 当院は救急病院であり、救急患者を診療科にかかわらず診療することが多いことや、内科診療科が少ないため外科診療科で内科疾患を多くフォローしているため、外科診療科に内科疾患が多く含まれています。
    外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎(手術・処置等なし) 34 6.0 5.5 0% 51.7
    060035xx99x50x 結腸の悪性腫瘍(手術なし、化学療法あり) 26 3.2 4.5 0% 66.0
    060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞(手術・処置等なし) 22 7.1 9.2 0% 65.5
     小腸炎や急性胃腸炎等の腸の炎症が最も多く次に結腸の悪性腫瘍、癒着性イレウスや麻痺性イレウス等を含むイレウスとなります。
     結腸の悪性腫瘍に対しては手術後の化学療法を施行した症例が多くなっています。
     外科では治療部位や手術、処置、化学療法等ごとに様々な症例があり、集計にはばらつきの多い診療科となっています。 当院は救急病院であり、救急患者を診療科にかかわらず診療することが多いことや、内科診療科が少ないため外科診療科で内科疾患を多くフォローしているため、外科診療科に内科疾患が多く含まれています。
    肛門外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    060245xx97xxxx 内痔核(手術あり) 46 3.8 6.0 0% 55.7 パス
    060235xx97xxxx 痔瘻(手術あり) 13 5.1 6.9 0% 38.4
    060220xx97xxxx 直腸脱、肛門脱(手術あり) - - 10.3 - -
     最も多い症例は、内痔核の手術、続いて痔瘻の手術の患者さんとなっています。
    呼吸器内科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    040080x099x0xx 肺炎(15歳以上、手術・処置等なし) 96 33.6 14.3 4.0% 75.8
    040080x099x1xx 肺炎(15歳以上、手術・処置等あり) 10 74.5 22.9 36.4% 84.6
    050130xx99000x 心不全(手術・処置等なし) - - 18.3 - -
     肺炎桿菌性肺炎や緑膿菌肺炎等の細菌性肺炎が全体の約65%を占めております。続いて心不全が多い症例となっております。呼吸器内科では、より重症な肺炎の患者様を治療される為、平均在院日数が長くなっております。
    消化器内科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(手術あり、副傷病なし) 52 2.1 2.8 0% 61.1 パス
    060140xx99x00x 胃十二指腸潰瘍(手術・処置等なし) - - 9.2 - -
    040080x099x0xx 肺炎(15歳以上、手術・処置等なし) - - 14.3 - -
     消化器内科では大腸ポリープが大部分を占めています。大腸ポリープに対し内視鏡的ポリープ切除術等が施行されています。
     大腸内にできたポリープを内視鏡を用て摘出する治療です。続いて急性胃潰瘍、肺炎となっています。
    総合診療科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    040080x099x0xx 肺炎(15歳以上、手術・処置等なし) 33 15.5 14.3 12.1% 79.7
    050130xx99000x 心不全(手術・処置等なし) 21 18.6 18.3 14.3% 79.1
    110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症(手術なし) 11 10.9 12.6 0% 64.4
    総合診療科は肺炎が最も多く、心不全、腎臓または尿路の感染症が多くなっています。
    脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
    ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
    G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 11 6.5 77.9 9.0%
    その他 - - - -
    G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
    その他 - - - -
    I63$ 脳梗塞 3日以内 123 24.2 77.9 38.2%
    その他 - - - -
    I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
    その他 18 12.3 68.7 0%
    I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
    その他 - - - -
    I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
    その他 - - - -
    I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
    その他 - - - -
    Ⅰ 定義
    ICD-10とは、「国際疾病分類・第10回修正版」のことであって、疾病及び関連保健問題の国際統計分類です。WHO(世界保健機関)により公表された分類で死因や疾病の統計、診療記録の管理などに活用されます。
    Ⅱ 解説
     当院では、脳梗塞等の分類の中で、I63$脳梗塞の患者さんが90%を占めています。またほとんどの患者さんが発症から3日以内に治療を開始しています。迅速に治療を開始することで早期離床に繋がり、早期にリハビリテーションをを開始することができます。
     また当院は急性期病院の為、急性期治療が終わったら近隣の施設へリハビリテーション目的で転院される為、転院率が64%となっています。(集計上、一部表示されていない項目があります。)
    初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
    初発 再発 病期分類
    基準(※)
    版数
    Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
    胃癌 - - - 14 - 10 1 6,7
    大腸癌 - - - 15 - 19 2 6,7
    乳癌 - - - - - - 1 -
    肺癌 15 - - 15 - - 1 7
    肝癌 - - - - - - 2 6
    ※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
    Ⅰ 定義
    ①集計期間中に退院した患者様が対象で延患者数を集計しています。
    ②病期分類が確定される前に亡くなられた場合等は、病期分類は「不明」となります。
    Ⅱ 解説
     患者数としては、肺癌が最も多くなっています。次いで、大腸癌と胃癌となっています。当院は、内視鏡的治療、腹腔鏡的治療、手術、抗癌剤治療など患者様に合わせた治療を選択し総合的に管理しています。
     また、放射線治療が必要な患者様には他施設を紹介し、必要な医療の提供に努めています。
    成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
    患者数 平均
    在院日数
    平均年齢
    重症度 0 29 13.7 51.8
    重症度 1 62 18.7 77.7
    重症度 2 66 32.0 84.1
    重症度 3 41 37.1 86.5
    重症度 4 14 30.8 86.7
    重症度 5 7 16.9 97.7
    不明 - - -
    Ⅰ 定義
    ①集計期間に退院した患者様を対象にしています。
    ②この集計での成人とは15歳以上の患者様を指します。
    ③市中肺炎とは、普段の生活の中で罹患した肺炎を指します。
    ④入院契機病名および最も医療資源を投入した傷病名が『肺炎・急性気管支(DPCコード040080)』さらにその中でICD-10コードがJ13~J18$であるものが対象です。
    ⑤重症度は市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)により分類しています。
    Ⅱ 解説
    症例数では中等度の割合が最も多く全体の65%を占めています。重症度が高くなるにつれて平均年齢が高くなっています。
    その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
    DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
    130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
    異なる 10 0.29%
    180010 敗血症 同一 - -
    異なる 10 0.29%
    180035 その他の真菌感染症 同一 - -
    異なる - -
    180040 手術・処置等の合併症 同一 14 0.41%
    異なる - -
     この指標は、医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症、手術・処置等の合併症について、入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)の同一性の有無を区別して対象患者数と発症率を示したものです。
     DPC病名と入院契機病名が異なる場合の入院契機病名として挙げられるのは、がんが1件、胆道系疾患が3件、呼吸器疾患が5件、消化管疾患が9件などでした。
    がんや感染症で入院後も全身状態が悪化して播種性血管内凝固や敗血症といった重症な病態になってしまった症例です。
    手術・処置などの合併症については、すべてがDPC病名と入院契機病名が同一である症例でした。
    手術・処置などの合併症を主訴として入院され、治療を受ける入院患者さんが多いということです。
    手術・処置などの合併症にあたる症例としては、人工関節の脱臼や感染などが2件、手術後に手術創や腹腔内に感染が起こってしまう術後感染症が5件手術創の離解、後出血が4件などでした。
     手術や処置などは合併症を起こさないように細心の注意を払って施行しています。
    起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明したうえで、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。
    更新履歴