平成29年度 新武雄病院 病院指標

    (全体の集計方法と定義)

     DPCデータから全国統一の定義と形式に基づいた指標を作成し、市民の皆様に情報公開を進めています。この指標によって、当院の特徴や急性期医療 の現状を理解していただくことを目的としています。
    ・平成29年度(平成29年4月1日~平成30年3月31日)中に当院を退院した患者様のデータを集計の対象として作成しています。
    ・自動車賠償責任保険や労災保険、自費等の患者様のデータは含まれません。
    ・年齢は、入院時点の年齢を基準としています。
    ・症例数が10未満の場合は、 ‐(ハイフン)で表示しています。

    ・DPC(診断群分類別包括制度)とは
     入院患者様の病気とその症状を基に国で定めた1日あたりの定額の点数から入院医療費を計算する制度です。
    ・病院指標とは
     病院の様々な機能や診療の状況などを具体的に数値化し示したものです。病院指標を評価、分析することによって医療の質の向上を図っていきます。
     
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  4. 脳梗塞の患者数等
  5. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  6. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 37 76 94 193 259 605 746 788 341
 幅広い年齢層の患者様にご来院いただいています。武雄市も高齢化が進んでいることから、60歳以上の患者様の占める割合が約75%と、高齢者の方が非常に多く入院されています。最も多い年代は80代、次いで70代、次に60代となっています。
 若年層は急性虫垂炎や急性アルコール中毒、急性腸炎等の急性疾患の患者様が多くなっています。
                   
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
脊髄・脊椎外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 107 3.22 21.54 15.89% 68.21 パス
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 61 2.59 24.62 4.92% 65.44 パス
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 50 3.64 20.86 12% 72.46 パス
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 24 4.63 35.29 29.17% 72.54 パス
K142-4 経皮的椎体形成術 22 6.73 23.73 22.73% 81.55 パス
 ○全356症例数
 最も多く施行されているのは脊椎固定術となります。脊椎固定術は手術方法によって6つの種類に分かれ、上位4位を占めています。手術は1~2時間程度で、手術の翌日からコルセットを巻いて歩行でき、術後2週目での退院を目指します。
 5位の経皮的椎体形成術(バルーン椎体形成術)は高齢者に多い圧迫骨折に対しバルーンを用いてセメントを注入するものです。
 
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 125 1.54 21.63 62.4% 83.3
K0811 人工骨頭挿入術(股) 62 1.73 17.08 77.42% 83.34
K0462 骨折観血的手術(前腕) 59 3.03 23.37 27.12% 65.47
K0821 人工関節置換術(膝) 32 3.19 50.56 6.25% 73.75
K0463 骨折観血的手術(膝蓋骨) 28 2.46 24.46 14.29% 63.21
 ○全489症例数
 最も多く施行されているのが、大腿骨の骨折観血的手術です。2位の人工骨頭挿入術を含めると全体に占める割合は約40%になります。術後はリハビリ目的で近隣の施設へ転院することが多い為、転院率も高くなっています。
 また、前腕の骨折観血的手術、膝関節の人工関節置換術、膝蓋骨の骨折観血的手術がそれに続きます。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 23 0.13 14.39 17.39% 74.39 パス
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 15 0.53 38.13 20% 68.07 パス
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) 15 4.6 22.4 13.33% 72.33 パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 10 4.2 53 0% 65
K6101 動脈形成術、吻合術(頭蓋内動脈) - - - - -
 ○全145症例数
 最も多く施行されているのは慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術となります。未破裂脳動脈瘤、くも膜下出血の際に施行される脳動脈瘤頸部クリッピング術や、近年増加している動脈硬化に対する外科的治療である動脈血栓内膜摘出術も多く行われています。
 術式の詳細な実績等につきましては、こちらをご覧ください。
消化器外科・消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2㎝未満) 87 0.14 1.01 0% 60.86
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 22 2.36 6.64 0% 63.27 パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 17 5 8.53 0% 77.24
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 12 1.25 4.92 0% 60.67
K7434 痔核手術(脱肛を含む)(根治手術) 11 0 4.27 0% 64.55 パス
 ○全332症例数
 消化器の患者様が入院された場合、内視鏡的治療は消化器内科が、治療後の入院管理は消化器外科が担当しています。万一合併症が発症した場合でも、すぐ外科的な処置を行うことができます。
消化器外科・内科では、大腸ポリープに対して内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術を多く行っています。次に多いのは胆石症、胆のう炎に対して行われる腹腔鏡下胆嚢摘出術です。腹腔鏡下手術は傷が小さく術後の痛みが少ないので回復が早いことが利点とされ、当院でも積極的に取り入れています。
 内視鏡的胆道ステント留置術は内視鏡を用いて短いチューブを挿入することで、胆管の流れをよくするものです。
 鼠径ヘルニアには疼痛軽減、早期離床・退院を目指し、人工布を用いたテンションフリー手術を行っております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
脊髄・脊椎外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 腰部骨盤、不安定椎(手術なし) 143 2.42 2.93 0% 69.89 パス
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 腰部骨盤、不安定椎(手術あり) 77 25.97 21.70 16.88% 69.29 パス
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 頸部(手術あり) 66 25.68 22.08 3.03% 66.06 パス
070341xx99xx0x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 頸部(手術なし) 66 2.5 6.89 0% 64.15 パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む)(手術なし) 46 16.65 19.94 54.35% 80.52
 ○全740症例数
 脊椎の骨折や脊柱管狭窄症などをはじめとする日常生活に支障をきたすような背骨の症状を専門的に治療する特殊な診療科です。現在では年間300件を超える脊髄の手術を行っています。初回受診後、脊髄腔の形状・交通性を診断するためのミエログラフィー検査入院を行い、手術治療方法を決定します。1位と4位はこの検査入院の症例となっています。
 この指標からは読み取れませんが、佐賀県内だけでなく県外からの患者様も多く受診されています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折(手術あり) 161 22.05 27.09 73.29% 84.99
160760xx97xx0x 前腕の骨折(手術あり) 48 11.94 5.21 6.25% 60.52
070230xx01xxxx 膝関節(変形性を含む)(手術あり) 20 54.7 25.09 5% 75.4
160700xx97xx0x 鎖骨骨折、肩甲骨骨折(手術あり) 18 11.78 5.54 22.22% 63
160720xx01xx0x 肩関節周辺の骨折脱臼(手術あり) 18 21.72 13.35 16.67% 73.89
 ○全655症例数
 整形外科では、大腿骨近位部骨折が最多で、次に前腕骨折、膝関節症の順となっております。
 検査に問題がなければ早期に手術を行い、術後はリハビリを行い、早期復帰を目指します。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 32 8.06 6.32 12.5% 54.69
030400xx99xxxx 前庭機能障害 31 5 5.15 3.23% 68.19
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷(手術あり) 31 16.13 9.68 22.58% 74.97 パス
010060x2990201 脳梗塞(発症3日目以内、JCS10未満、リハビリあり) 25 34.44 16.51 8% 77.96 パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 23 28.65 19.10 30.43% 67.87
 ○全632症例数
 脳神経外科の2つの大きな柱は救急と一般外来です。救急では主として脳血管障害、頭部外傷、てんかんなどを扱い、外来では頭痛、めまい、手足のしびれ、物忘れ等の診療を行っております。
 詳細な診療内容等につきましては、こちらをご覧ください。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 33 7.55 5.50 3.03% 51.3
06007xxx9906xx 膵臓、脾臓の腫瘍(手術なし、化学療法あり) 30 5.07 11.84 0% 69.93
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎(内視鏡的手術あり) 25 8.64 10.61 4% 76.56
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞(手術・処置等なし) 22 9.82 8.98 4.55% 65.64
100380xxxxxxxx 体液量減少症 18 6.78 9.16 5.56% 81.67
 ○全734症例数
 消化器疾患、とくに腹痛を訴える入院患者様は全て消化器外科で担当しているため、消化器外科で最も多い症例は急性腸炎でした。
 悪性腫瘍に対する抗癌剤を用いた化学療法も多く行っております。
 当院は救急病院であり、多様な救急患者様を受け入れているため、脱水症や熱中症などの患者様も外科診療科に入院しています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上、重症度1) 28 24.07 13.51 3.57% 84.57
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上、重症度2) 19 35.32 15.12 5.26% 85.21
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 12 66.33 20.83 41.67% 83.25
0400801299x000 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満、重症度0) 11 17.73 8.67 0% 52.18
0400801499x003 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上、重症度3) - - 16.97 - -
 ○全210症例数
 呼吸器内科では、肺炎が上位を占めています。肺炎の中でも重症度の高い患者様は高齢者が多くなっています。
 より重症な肺炎の患者様ほど、平均在院日数が長くなっています。
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全(手術・処置等なし) 25 19.88 17.71 16% 83.72
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 16 16 12.34 0% 80.38
0400801499x003 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上、重症度3) - - 16.97 - -
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 - - 20.83 - -
050130xx99020x 心不全(CV、透析あり) - - 24.77 - -
 ○全328症例数
 総合診療科で最も多い症例として心不全が挙げられます。続いて尿路感染症、肺炎、誤嚥性肺炎となっております。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 123 38.06 76.16 18.66%
その他 11 42.64 74.64 1.49%
Ⅰ定義
 ICD-10とは、「国際疾病分類・第10回修正版」のことであって、疾病及び関連保健問題の国際統計分類です。WHO(世界保健機関)により公表された分類で死因や疾病の統計、診療記録の管理などに活用されます。

Ⅱ解説
 当院では、脳梗塞等の分類の中で、I63$脳梗塞の患者様が約70%を占めています。またほとんどの患者様が発症から3日以内に治療を開始しています。迅速に治療を開始することで早期離床に繋がり、早期にリハビリテーションを開始することができます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 6,7
大腸癌 - - 15 28 - 32 1 7
乳癌 - - - - - - 1
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
Ⅰ定義
①集計期間中に退院した患者様が対象で延患者数を集計しています。
②病期分類が確定される前に亡くなられた場合等は、病期分類は「不明」となります。

Ⅱ解説
 患者数としては、大腸癌が最も多くなっています。次いで、胃癌となっています。当院は、内視鏡的治療、腹腔鏡的治療、手術、抗癌剤治療など患者様に合わせた治療を選択し総合的に管理しています。放射線治療が必要な患者様には他施設を紹介し、必要な医療の提供に努めています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 21 13.95 56.10
中等症 114 26.85 80.72
重症 32 67.56 86.31
超重症 46 32.09 81.96
不明 - - -
Ⅰ定義
①集計期間に退院した患者様を対象にしています。
②この集計での成人とは、15歳以上の患者様を指します。
③市中肺炎とは、普段の生活の中で罹患した肺炎を指します。
④入院契機病名および最も医療資源を投入した傷病名に対するICD-10コードがJ13~J18$であるものが対象です。
⑤重症度は市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)により分類しています。

Ⅱ解説
 症例数では中等度の割合が最も多く全体の約半分を占めています。重症度が高くなるにつれて平均年齢が高くなる傾向にあります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 11 0.35
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
 この指標は、医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症、手術・処置等の合併症について、入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)の同一性の有無を区別して対象患者数と発症率を示したものです。
 DPC病名と入院契機病名が異なる場合の入院契機病名として挙げられるのは、肝・胆道系疾患が4件、消化器疾患が2件、腎・尿路疾患が2件などでした。がんや感染症で入院後も全身状態が悪化して播種性血管内凝固や敗血症といった重症な病態になってしまった症例です。
 手術・処置などの合併症については、すべてがDPC病名と入院契機病名が同一である症例でした。手術・処置などの合併症を主訴として入院され、治療を受ける入院患者様が多いということです。手術・処置などの合併症にあたる症例としては、すべて手術後に手術創や腹腔内に感染が起こってしまう術後感染症となっています。
 手術や処置などは合併症を起こさないように細心の注意を払って施行しています。起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者様に説明したうえで、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。
更新履歴