• 医師募集
  • 非常勤医師募集
  • 研修医募集
  • 佐賀県感染症情報センター
  • 健康診断・人間ドックのご案内
  • 新武雄病院facebookページ
  • 新武雄病院インフォメーションMOVIE
  • 医療搬送用ヘリコプター「ホワイトバード」
  • 回復期リハビリテーション.net
  • 最新版Adobe Readerダウンロード(無償)

肛門外科

最新の治療法で、なるべく短期間に治します。

 肛門外科では、痔核・脱肛(イボ痔)、痔瘻、裂肛(切れ痔)、肛門部の悪性腫瘍のほか、肛門部の感染症、術後障害、括約筋不全、直腸脱など、肛門に関する診断・治療を行っており、その他毛巣洞などにも対応しております。

 短期間で治り、かつ肛門機能に優しい手術・処置を実践しております。また、日帰り手術も、特にジオン法では行っています。

 痔核については通常の治療、手術はもとより、最新の治療法(硬化療法:ジオン)も取り入れています。また、痔瘻は再発率が低く変形のリスクも少ないシートン法も行っています。



主な痔疾患
主な痔疾患

血栓性外痔核
       血栓性外痔核

       突然腫れ、激しい痛み。血の塊ができる。


手術方法例

ジオン四段階硬化療法

       
       ジオン硬化療法

       「ジオン」という、粘膜や痔核を固める液を粘膜下に少量づつ注射し、粘膜を固めて、粘膜の脱出
      を防止する手術法



樋高克彦

樋高 克彦
出身大学:九州大学
専門医:
日本外科学会指導医、日本消化器外科学会指導医、日本大腸肛門病学会専門医、日本消化器病学会専門医