• 医師募集
  • 非常勤医師募集
  • 研修医募集
  • 佐賀県感染症情報センター
  • 健康診断・人間ドックのご案内
  • 新武雄病院facebookページ
  • 新武雄病院インフォメーションMOVIE
  • 医療搬送用ヘリコプター「ホワイトバード」
  • 回復期リハビリテーション.net
  • 最新版Adobe Readerダウンロード(無償)

脳神経外科

24時間365日、早期診断・早期治療。

 脳神経外科は地域の皆様の"脳の病気"を治療すべく、努力しております。

 当院の脳神経外科では、3名の脳神経外科医が常勤しており、24時間365日血管内治療も含め専門的な治療が出来る体制を整えています。

 脳外科診療の2つの大きな柱は救急と一般外来です。救急では主として脳血管障害、頭部外傷、てんかんなどを扱います。CT、MRなどの画像検査や緊急手術、脳梗塞の血栓溶解療法などは24時間、365日可能となっております。外来では頭痛、めまい、手足のしびれ、物忘れなどが診療の対象となります。当院ではMRなどの画像検査は、その日のうちに行うことが可能です。脳の病気は初期の段階で発見し、対処していくことが重要です。入院加療が必要となりましたら、看護師やリハビリのスタッフとともにチームとして治療にあたります。

 今後も地域の皆様の健康を守るべく、早期診断・早期治療に全力を尽くして行きたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

一ノ瀬誠
副院長・主任部長
一ノ瀬 誠
出身大学:佐賀医科大学
<専門医等>
日本脳神経外科学会専門医、日本神経内視鏡学会技術認定医、医学博士
大中洋平
部長
大中 洋平
出身大学:近畿大学
<専門医等>
日本脳神経外科学会専門医、日本脳卒中学会認定脳卒中専門医

脳神経外科では、頭部領域の疾患を幅広く診察しています

  • 脳卒中(脳梗塞・頸部内頸動脈狭窄症・脳出血・くも膜下出血・脳動脈瘤・脳動静脈奇形・もやもや病など)
  • 脳腫瘍(下垂体腺腫・髄膜腫・移転性脳腫瘍など)
  • 頭部外傷(急性硬膜外血腫・急性硬膜下血腫・脳挫傷など)
  • 機能的疾患(三叉神経痛、片側顔面痙攣など)
  • 水頭症(正常圧水頭症など)
  • その他頭痛、めまい、認知症、パーキンソン病などの初期診療
  • 脳ドックで、無症候性脳梗塞、頭頸部の血管の狭窄、未破裂性脳動脈瘤などの健診

当院での治療の特色として

  • 脳梗塞超急性期におけるアルテプラーゼ(t-PA)静注療法(血栓溶解療法)を行っています。
     (CT、MRI検査、手術が24時間可能などの条件を満たしています。)
  • 急性期から積極的にリハビリを行います。その後も引き続き回復期病棟で土、日曜も休みなしのリハビリを行っています。
  • 下垂体腺腫の手術は顕微鏡を用いた経鼻的摘出術(鼻粘膜の小切開により侵襲を少なくする手技)で行っています。
  • 顔面けいれん、眼瞼けいれんのボトックス治療を外来で行っています。
  • キーホール手術による顔面けいれん三叉神経痛の根治的治療(頭蓋内微小血管減圧術)を行っています。
  • 内視鏡を用いた水頭症や脳出血治療を行っています。
手術件数
2018.1.1~2018.12.31
脳神経外科手術件数
手術件数
2018.1.1~2018.12.31
脳神経外科手術件数
脳神経外科手術件数推移
2016~2018
脳神経外科手術件数推移