• 研修医募集
  • 佐賀県感染症情報センター
  • 健康診断・人間ドックのご案内
  • 新武雄病院facebookページ
  • 新武雄病院インフォメーションMOVIE
  • 医療搬送用ヘリコプター「ホワイトバード」
  • 回復期リハビリテーション.net
  • 最新版Adobe Readerダウンロード(無償)

平成30年度臨床研修医募集要項
臨床研修医募集要項
□ 新武雄病院のご紹介

 新武雄病院は、平成22年2月に武雄市立武雄市民病院から移譲され開院した病院です。
 平成23年6月1日に国道34号線沿いの現在地に移転し、新たに新築開院致しました。佐賀県南部医療圏に位置し、24時間365日検査、手術及び治療を実施できる武雄市内で唯一の救急告示病院です。年間1,600件程度の救急搬入実績があり、初期診断・治療から入院経過、手術、病棟ベッドサイドでの臨床指導、退院まで指導医と共に多くの症例に接し、学ぶことができます。多彩な急性疾患について確かな知識と技術を身に付けることができます。
 新築移転にともない、新たにヘリポートも備え、緊急・広域の救急要請にも対応可能になりました。民間の医療搬送用ヘリコプター・ホワイトバードを運用していることも特徴です。

■標榜科目
内科・呼吸器内科・循環器内科・消化器内科・外科・整形外科・リウマチ科・脳神経外科・呼吸器外科・泌尿器科・救急科・リハビリテーション科・放射線科・肛門外科・麻酔科

■ 研修理念
1・医師としての人格を涵養(かんよう)する。
2・医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識する。
3・プライマリ・ケアの基本的な診察能力(態度・技能・知識)を身に付ける。

■ 基本方針
1・患者の健康上の諸問題に適時、的確に対応できる医師となるべく、患者を全人的に診ることができるプライマリ・ケアの基本的診療能力を習得する。
2・患者及び家族とのコミュニケーション能力を習得し、全人的な医療を実践する。
3・医療チーム構成員としての役割を理解し、医師・看護師・コメディカル部門と協調・協力する習慣を身に付ける。

□ 研修の概要

◆研修期間は2年間です。厚生労働省の示す研修プログラムを基本とし総合的臨床能力に優れた医師の育成を目的として、指導医のもとで充実した研修を行います。

◆研修ローテイト例は下図の通り、1年目に必修科目の内科6ヶ月、救急3ヶ月、選択必修科目の外科・麻酔科3ヶ月、2年次に小児科、産婦人科を各2週間ずつ、地域医療、精神科を各1ヶ月と選択科目9ヶ月の研修を行います。なお、小児科、産婦人科、精神科は下記の協力病院にて行います。また、選択科目期間中に下記の協力病院での研修も可能です。
【臨床研修協力型病院】
福岡和白病院、新小文字病院、新行橋病院、福岡新水巻病院、西田病院、前田病院、肥前精神医療センター
【臨床研修協力施設】
和白ヶ丘レディースクリニック、道の家訪問看護ステーション、下関リハビリテーション病院

◆9ヶ月間の選択科目の期間があります。研修医の希望に合わせ、3年目以降の進路も視野にいれた研修ができる病院です。2年間の研修終了後、希望者には新専門医制度に沿った専門研修を受けることができるよう、各関係施設と連携を図り、専門研修プログラムの申請を行っています。また、それ以降スタッフとしての登用もあります。

【臨床研修プログラム】

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 内科(6ヶ月) 救急科(3ヶ月) 外科・麻酔科(3ヶ月)
2年次 小児科 産婦人科 精神科 地域医療 選択科目(9ヶ月)
救急随時

※9ヶ月間の選択科目は本人の希望により以下の診療科目から選択できます。
内科・循環器内科・消化器内科・呼吸器内科・外科・整形外科・脊髄脊椎外科・脳神経外科・心臓血管外科・呼吸器外科・形成外科・泌尿器科・麻酔科・救急科・小児科・産婦人科・精神科・放射線科・眼科・地域医療
※3年目以降より専門的な研修ができるとともに後輩の指導を行っていただきます。

□ 研修・教育指導の特色

◆年間救急車搬入約1,700件の救急搬入実績があり、年間3,000名を超える新規入院と重傷~軽傷まで豊富な症例があります。
◆初期診断・治療から入院経過、手術、病棟ベッドサイドでの臨床指導、退院まで指導医と共に多くの症例に接し、学ぶことができます。多彩な急性疾患について確かな知識と技術を身に付けることができます。
◆他科との壁が存在せず、他科医とも気軽に話ができます。医療スタッフのチームワークは抜群です。厳しいなかにも優しさがあり。当院で勉強すれば、どの病院でも患者さんからの支持を受けることは間違いありません。
◆1年目、アンコール小児病院(当院グループ職員が運営費の寄付を行っている病院です)に1週間の海外研修制度があります。
◆関連病院合同学術研究発表会が年2回実施されています。学会発表についても積極的で、佐賀県救急医学会にも研修医が参加、発表を行っています。症例発表や論文発表も指導医が丁寧に指導します。

●病院見学のお申し込みは
・病院見学は月~土の間で受入致します。(日曜日を希望される場合は1週間以上前にお申し込みください)
・日帰り・1泊2日等ご希望に合わせて受入致します。(食事付)
・見学に関する交通費は実費支給(公共交通機関を利用の場合は領収書をご持参ください)

身分 臨床研修医(常勤)
募集人員 若干名
応募資格 平成30年2月に医師国家試験を受験する者
応募書類 1、臨床研修願書(※上記からダウンロード)
2、履歴書(写真貼付)
3、卒業見込証明書または卒業証明書 
応募方法 上記書類を添えて郵便(書留)にて郵送、または直接当院に持参
書類提出先 〒843-0024 佐賀県武雄市武雄町大字富岡12628番地
新武雄病院 臨床研修担当 森、田中宛
応募締切 定員に達するまで。
選考方法 1、書類審査
2、面接
選考日 随時受付
採用内定 採用の合否にかかわらず本人宛に通知する。
尚、採用内定者は医師国家試験の合格をもって採用決定。
採用予定日 平成30年4月1日
給与 1年次:533,000円/月(当直手当、税込)
年収換算 約6,400,000円(当直手当、賞与、税込)
2年次:587,000/月(当直手当、税込)
年収換算 約7,000,000円(当直手当、賞与、税込)
  
勤務時間 8:00~17:00(各科によって多少異なります)
休日・休暇 週休2日制(研修日・日曜日)・祝日・夏期(3日間)・
年末年始(5日間)
学会・研究会等の参加 学会年会費は2学会まで病院負担
参加:全国学会1回/年
地方会:車で移動できる範囲は制限なし
※上記については参加費・交通費は病院負担
※その他、学会発表の場合は諸経費全額病院負担
当直 指導医と共に月6回程度副宿直、月1回程度の副日直あり
(当直仮眠室あり、手当あり)
その他 各種保険あり
定期健康診断あり
医師賠償責任保険あり
職員寮あり 27,000円/月
 ※共益費等込
 ※着任時引越費用病院負担
 ※寮以外の宿舎を希望する場合は病院側で物件を借用し家賃の半額負担
新武雄病院 臨床研修担当 森孝史、田中秀和
〒843-0024 佐賀県武雄市武雄町大字富岡12628番地
電話:0954-23-3111
E-mail:kensyu@shintakeo-hp.or.jp